従業員満足に関する理論リスト

構成主義的発達論

成人発達理論

成人発達理論の一部?全容って感じではないのかな…。書籍なので一部抜粋。
[amazonjs asin=”4820719459″ locale=”JP” title=”組織も人も変わることができる! なぜ部下とうまくいかないのか 「自他変革」の発達心理学”]
* 発達段階1 具体的思考段階
* 発達段階2 道具主義的段階(利己的段階)
* 発達段階3 他者依存段階(慣習的段階)
* 発達段階4 自己主導段階
* 発達段階5 自己変容・相互発達段階
[amazonjs asin=”4820759825″ locale=”JP” title=”成人発達理論による能力の成長 ダイナミックスキル理論の実践的活用法”]
[amazonjs asin=”4862761542″ locale=”JP” title=”なぜ人と組織は変われないのか――ハーバード流 自己変革の理論と実践”]

組織のライフサイクル

グレーナーの組織のライフサイクル。組織規模(人数)と時間を軸にした考え方。「うちの会社は…」って考えないで、「うちの組織は…」って考えると適用できる。
[blogcard url=”http://flowone-lab.com/blog-entry-64.html” title=”MBA流 大人の学ぶ力 |【組織の法則】プロローグ:ハッピーな組織を作るための必須知識 グレイナーの5段階企業成長モデル” content=”「部門間で対立している」「中間管理職が板挟みになっている」「優秀な人材が社内で腐っている」など、会社を巡る様々な現象について 「この問題って、どこの会社でも起こっているのでは」 と、ふと感じたことはないでしょうか。私たちは個人個人が好き勝手に生きているようでいて、集団レベル(マクロ)で見ると、驚くほど典型的な行動パターンを繰り返して生きています。”]

心理学

アドラー心理学 – 5つの基本前提

[blogcard url=”https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%BC%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6#5.E3.81.A4.E3.81.AE.E5.9F.BA.E6.9C.AC.E5.89.8D.E6.8F.90.EF.BC.885Basic_Assumptions.EF.BC.89″ title=”アドラー心理学 – 5つの基本前提 – Wikipedia” content=”アドラー心理学(アドラーしんりがく)は、アルフレッド・アドラー(Alfred Adler)が創始し、後継者たちが発展させてきた心理学の体系である。 アドラー自身は自分の心理学について、個人心理学(英: individual psychology)と呼んでいた。それは、個人(individual)が、in(=not) + L.dividuus(=devisible 分けられる) + al(の性質)=分割できない存在である、と彼が考えていたことによる。日本では、アドラー心理学(英: Adlerian psychology)の呼称が一般的である。”]
[amazonjs asin=”4478025819″ locale=”JP” title=”嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え”]
[amazonjs asin=”4478066116″ locale=”JP” title=”幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII”]

問題行動の5段階

アドラーの弟子であるルドルフ・ドライカースが提唱した理論。
[blogcard url=”http://iwk.jpn.org/2017/03/24/%E5%95%8F%E9%A1%8C%E8%A1%8C%E5%8B%95%E3%81%AE5%E6%AE%B5%E9%9A%8E%E3%80%9076%E3%80%91/” title=”問題行動の5段階【76】 – IWK アイダブリュウケイ” content=”今日はアドラー心理学から子供が問題行動に走る段階を5段階に分けて紹介したいと思います。”]
[amazonjs asin=”4752880040″ locale=”JP” title=”アドラー心理学の基礎 (Adlerian Books)”]

マズローの欲求段階説

人間性心理学…欲求に関する5段階。
[blogcard url=”https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E5%AE%9F%E7%8F%BE%E7%90%86%E8%AB%96″ title=”自己実現理論 – Wikipedia” content=”欲求段階説(よっきゅうだんかいせつ、英: Maslow’s hierarchy of needs)とは、アメリカの心理学者アブラハム・マズローが、「人間は自己実現に向かって絶えず成長する」と仮定し、人間の欲求を5段階の階層で理論化したものである。これは、マズローの欲求段階、自己実現理論とも称される。”]
[amazonjs asin=”4382049245″ locale=”JP” title=”人間性の心理学―モチベーションとパーソナリティ”]

キューブラー=ロスの死の受容プロセス

死の受容プロセスなんだけど…クリアが困難かつクリアしなければならない課題の受容プロセスにそっくり!
[blogcard url=”https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB%E3%81%AC%E7%9E%AC%E9%96%93″ title=”死ぬ瞬間 – Wikipedia” content=”『死ぬ瞬間』(On Death and Dying)は医師のエリザベス・キューブラー=ロスの著書。1969年に発表され大きな話題となった。日本では川口正吉の訳で読売新聞社より1971年に刊行された。”]

山岸俊男の信頼

信頼関係と安心関係の区別が出来る…。本当の意味での信頼とは…
[blogcard url=”https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%A1%E9%A0%BC#.E7.A4.BE.E4.BC.9A.E5.AD.A6.E3.83.BB.E7.A4.BE.E4.BC.9A.E5.BF.83.E7.90.86.E5.AD.A6.E3.83.BB.E5.BF.83.E7.90.86.E5.AD.A6.E3.81.AB.E3.81.8A.E3.81.91.E3.82.8B.E4.BF.A1.E9.A0.BC” title=”信頼 – Wikipedia” content=”社会心理学者山岸俊男は『信頼の構造』(1998年)で、「相手が自分を搾取しようとする意図をもっていないという期待」のうち、相手が自分を搾取しようとすることが相手自身にとっての不利益になるからそうしないだろうという期待、すなわち「相手の自己利益の評価」にもとづく期待を「安心」(assurance)、「相手の人格や相手が自分に対してもつ感情についての評価」にもとづく期待を「信頼」(trust)として、安心と信頼を区別して考察する。”]
[amazonjs asin=”4130111086″ locale=”JP” title=”信頼の構造: こころと社会の進化ゲーム”]
[amazonjs asin=”4797671726″ locale=”JP” title=”日本の「安心」はなぜ、消えたのか―社会心理学から見た現代日本の問題点”]

自己受容

自己受容と言われても分かりづらいけど…自己受容が進まないと成長できないことは間違いない…。
[blogcard url=”https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%83%97%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%B9#.E8.87.AA.E5.B7.B1.E5.8F.97.E5.AE.B9″ title=”アクセプタンス – Wikipedia” content=”自己受容(Self-acceptance)とは、あなたが今置かれている状況を愛し、満足することである。いまの時点の自分を、評価し、検証し、受け入れ、サポートすることを、自分自身と合意することである。”]

マネージメント・リーダーシップ

CMMI成熟度モデル

マネージメントの成熟度モデル。
[blogcard url=”https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%83%BD%E5%8A%9B%E6%88%90%E7%86%9F%E5%BA%A6%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E7%B5%B1%E5%90%88″ title=”能力成熟度モデル統合 – Wikipedia” content=”能力成熟度モデル統合 (のうりょくせいじゅくどモデルとうごう、英: Capability Maturity Model Integration, CMMI) は、組織がプロセスをより適切に管理できるようになることを目的として遵守するべき指針を体系化したものである。 CMMIは、もともとは能力成熟度モデル (CMM; Capability Maturity Model) として開発された。”]

リーダーシップ5つのレベル ジョンマクスウェル

なるほどって感じを受ける…。
[blogcard url=”https://coolbizu.wordpress.com/2011/10/26/5-levels-of-leadership-by-dr-john-maxwell/” title=”リーダーシップ5つのレベル ジョンマクスウェル 5 levels of leadership by Dr. John Maxwell | 大阪の社会人のネットワーク” content=”ジョン・マクスウェル氏が5つのリーダーシップについて新しい本を書きました。お気に入りの題目です!彼はあなたのリーダーシップを向上させる5つのステップについて話しています。”]

組織変革・支援

ジョン・コッターの8段階のプロセス

組織に新しい手法を風土として定着させるための段階
[blogcard url=”https://globis.jp/article/2239″ title=”ジョン・コッターの8段階のプロセス: 企業変革は正しい手順で進めよ | GLOBIS 知見録 – 読む” content=”『グロービスMBAリーダーシップ』の第1章から「ジョン・コッターの8段階のプロセス」を紹介します。 リーダーシップが最も強く求められるのは企業変革の場面です。近年のリーダーシップ論の第一人者であるコッター教授は、多くの企業が変革に失敗している点に着目し、その理由を解明するとともに、いかにその成功確率を高めるかということを研究しました。そこで提唱されたのが、変革のための8段階のプロセスです。”]

システマティック・インストラクション

ちょっと指向が変わって、相手の自尊心を損なわない支援方法
[blogcard url=”http://www.normanet.ne.jp/~hyosenet/harima_sakai.pdf” title=”ジョブコーチ概論” content=”1986年に米国において援助付き雇用(Supported Employment)が制度化された。従来の職業リハビリテーションでは「訓練してから就労へ」という考え方が主流であったが、援助付き雇用(Supported Employment)では「就職した場所で援助を受ける」という発想の転換をもたらした。そして、ジョブコーチとはこの制度の中で実際に職場に入って援助を行う専門家のことをいう。”]