入社

クローン病の診断を受けたのが、4年生の夏休み前だったこともあり…
就職活動は入院中にやる事になった…

と言っても、試験の予約および一次面接は入院前に済ませていたので、二次面接が入院中になってしまい…
主治医の先生に事情を説明し、外泊許可を取ったうえで自宅でちゃんと風呂に入って翌日、面接会場へ…
クローン病の事は内緒にしていました…(自ら告白しない限りわからないですよね…)

おかげ?で入院中に内々定(当時は協定で10月以降に正式内定でした)をいただきました。
内々定の連絡の電話は、実はナースステーションの前の公衆電話からしました…
ナースコールが鳴るたびにばれるんじゃないかとドキドキでした…
で、後は退院するだけ…と思いきや…

大学の卒業を目の前にして教授から連絡が…
「単位が足りなくなるかもしれないよ」って…
計算上は確実に足りているはずなのに…
捨てた教科で白紙回答がいけなかったみたい…
まぁ、一夜漬けで乗り越えたけどね…

就職してからも3か月間は試用期間なので病気は隠し続けました。
SEだったので「人間らしくない生活」と「クローン病」の両立で結構大変だった記憶があります…


この記事について、どう思ったかな?(クリックによって個人を特定するようなことはしていません!)
  • 超よくない! 
  • よくない! 
  • 普通 
  • いいね! 
  • 超いいね! 

公開日:


コメントを残す