2回目の開腹手術

ヒュミラが効いて快適な生活を送ってきたのですが…
あるとき急に腸閉塞を起こしました…軽い腸閉塞だったので病院で点滴を受けてそのまま帰宅したのですが…
これを切っ掛けに腸閉塞を頻発するようになりました。
本当に食べ物に最大の注意を図らないと、その数時間後には腸閉塞みたいな感じになりました…

あまりにひどいので病院で小腸造影をすることになり…調べてみると…
手術の傷跡が狭窄していると…(^_^;)
前回の手術のときに手術の副作用についての念書にサインをしたのですが、そこに腸閉塞があることを思い出しました…
少し手術を思い悩んだのですが…あまりに頻発する腸閉塞に手術する決意をしました。

手術の内容は狭窄部位の切除…もし別の手術痕が近かったらリスク回避でそれもまとめて切除というモノでした。
開腹手術も二回目となるとこなれたもので(慣れたくないですが…)、さくっと終了!(笑)
ただ…術後に背中から入れている痛み止め(神経ブロック)で血圧が下がりすぎて(上が70台になってしまいました)一時的に痛み止めを停止…
当然の事ながら痛くなってきて…
点滴で痛み止めをゆっくりと入れるものの今度はめまいが…別の痛み止めに切り替えてもらいました。

背中から入れている痛み止めは病室に戻ってしばらくしてから、復活しました。
痛み止めが復活すると…あっという間に痛みが無くなり元気に!
前回の手術と違ってドレーンの痛みも無かったので、PS Viataを片手に談話室に入り浸っていました。(笑)


この記事について、どう思ったかな?(クリックによって個人を特定するようなことはしていません!)
  • 超よくない! 
  • よくない! 
  • 普通 
  • いいね! 
  • 超いいね! 

公開日:


コメントを残す