「東京駅開業100周年記念suica」の一件

   

みなニュースとかで知っていると思うけど先日、東京駅開業100周年記念suicaの発売があって、東京駅が大混乱したんだ。報道なんかを見ていると、どうやら東京駅の対応の悪さを強調しているように見えるんだけど…本当にそうなのかなって思ったんだよ。報道に惑わされずにもっと客観的にこのニュースを見るべきだと思ったんだ。

「東京駅が大混乱して結果的に警察と相談して販売の停止を決定した」って報道だったはずなんだ。この場合、東京駅はどうするべきだったのかな?やっぱり、大混乱したので警察に相談して、ひとまず販売を停止するのが打倒だったんだと思うんだよ。報道では、この事態を予測できなかったのか?って言っていたけど…予測できていたら対応していただろうし、予測していなかった(もしくは予測できなかった)から対応をしていなかったんだと思うんだ。

そんなことより、ニュースを見ていて目に付いたのは、購入者たちの態度の悪さだったんだよ。大混乱したのもさせたのも、購入者たちだったってことが完全に棚に上がっちゃってるんだ。販売枚数が限定されていたかもしれないけど、それはそれで購入者たちが整然と並んでいれば、特に問題なく販売されて記念suicaを手に入れられていたと思うんだよ。気を利かせて、並んでいる人を数えて、「もう並んでも購入できない」って伝える人がいてもよかったかもしれないんだ。

まぁ、「販売停止になって怒鳴りつける様な人」や「転売目的の人」が並んでいたと思えば、大混乱しても仕方なかったのかもね…。ただ…フォローしておくと鉄道が好きな人すべてが、こんなことをしてしまう人では無いってことは忘れちゃいけないと思うんだ。


 - 戯言

この記事について、どう思ったかな?(クリックによって個人を特定するようなことはしていません!)
  • 超よくない! 
  • よくない! 
  • 普通 
  • いいね! 
  • 超いいね!