「ビジョナリー・カンパニー2」を読んでみたよ

   

先日の「ビジョナリー・カンパニー」に引き続いて、「ビジョナリー・カンパニー2」を読んでみたんだ。本書の前半で、本書(ビジョナリー・カンパニー2)を適用してから「ビジョナリー・カンパニー」を適用したほうが良いって…いきなり大どんでん返しを食らううんだよ(笑)冗談はおいといて…興味深い内容がてんこ盛りなので、一気に読みきれたんだ。

ビジョナリーカンパニー2の主題は、「凡庸企業から転換期を迎え、偉大になった企業の特徴な何か?」って事なんだ。過去の膨大なデータから対象企業(主題の通りになっている企業)とその比較企業(主題の通りになっていない企業)を厳密に抽出して比較しているんだ。他の理論書と違って過去の膨大なデータが基になっているので、「へぇ~そうなんだね!」って感じで読めるんだよ。

ビジョナリーカンパニー2の結論をシンプルに表現すると…「基本的価値観の共有と遂行」ってことになると思うんだ。実はこれはビジョナリーカンパニー1の結論と同じなんだよ。でも、結論が同じだからって、同じことが書いてあるわけじゃないんだ。

ビジョナリーカンパニー1の4つの概念を振り返る(抜粋する)と…

  • 時を告げるのではなく、時計を作る
    経営者の何回もの世代交代、いくるもの製品サイクルを通じて継続し、環境の変化に適応できる組織を作り上げる。
  • ANDの才能
    いくつもの側面で両極にあるものをどちらも追求する。
  • 基本理念
    基本的価値観と基本的目的を徹底させ、長期にわたって意思決定を導く原則とし、組織全体が力を奮い立たせる原則にする。
  • 基本理念を維持し、進歩を促す
    基本理念をゆるぎない土台にするとともに、基本理念以外のすべての点では変化、改善、革新、若返りを促す。

って事だったって書かれているんだ。これに対してビジョナリーカンパニー2の7つの概念(はみぃが要約)を振り返ると…

  • 第五水準のリーダーシップ
    自らの利益を求めず、会社の利益を追求できるリーダー。ここでいう利益とはお金に限らない。
  • 最初に人を選び、その後に目標を選ぶ
    自らのポリシーに賛同できるメンバーをそろえる。それから目標をメンバーで検討する。
  • 厳しい現実を直視する
    現実を楽観視しない。現実は悲観的にとらえ、それを前向きに解決していく。
  • 針鼠の概念
    ポリシーは揺らがせない。また、ポリシーから外れたことはやらない。
  • 規律の文化
    規律は守らせるのではなく、自然と守るような風土・文化を創る。
  • 促進剤としての技術
    「新しい技術を何に使うか」ではなく「針鼠の概念を発展させるために新技術はどのように使えるのか」を考える。
  • 悪循環ではなく弾み車
    組織は一朝一夕に変わらない。こつこつ積み上げることによって、弾みがつき転換点を迎える。

って書かれているんだ。「『針鼠の概念』と『基本理念』」が若干似ているものの、観点が異なっていることがわかると思うんだ。そして、本書の最後に…「ビジョナリーカンパニー1の4つの概念」と「ビジョナリーカンパニー2の7つの概念」は直交していて、マトリクスを構成するって言っているんだよ。このマトリクスは本書に載っているので、是非読んでみてほしいんだ。

元気のある企業を作るってなかなか難しいと思うんだ…。でも、いろいろなところにヒントは散りばめられていると思うんだよ。だから、もっともっとさまざまな分野を勉強して、従業員満足につなげて行きたいと思うんだよ。で、次になに読むかだけど…手元に本が届いていないんだ…。


 - 書評 ,

この記事について、どう思ったかな?(クリックによって個人を特定するようなことはしていません!)
  • 超よくない! 
  • よくない! 
  • 普通 
  • いいね! 
  • 超いいね!